マックス瓦?マックススター?レクトルーフは、独自の新技術で数々の特許を取得しています。
また、高性能を実証するために、過酷な環境を想定した様々な性能試験を行っています。



■ ガルバリウム鋼板

マックス瓦は、その基材にガルバリウム鋼板を使用しています。
ガルバリウム鋼板は、アルミ55%と亜鉛43%による合金メッキ鋼板で、耐蝕性?耐久性?耐熱性にも優れています。
燃焼試験では、750度で10分間の試験に合格し、国土交通大臣認定の不燃材として登録されています。

不燃材認定番号:NM-8697






■ フッ素樹脂塗装

表面は、あらゆる面で他の塗料より優れ、汚れに強いフッ素樹脂を塗装しています。マックス瓦は、フッ素含有率を85%にまで高めた、ハイフッ素塗装を実現。メンテナンスフリーで、いつまでも光沢のある美しさを保ちます。

※マックススター、レクトルーフは50%フッ素塗装






■ 通気構造

自然対流による通気を可能にした新技術 「通気構造」
空気流通層の熱貫流効果によって屋根材裏の空気が循環し、既存屋根下を外気温とほぼ同じに保つ事ができます。
断冷熱効果を向上させ、結露防止にすぐれた威力を発揮します。
夏は涼しく冬は暖かで、省エネにも効果抜群です。





■ 結露防止効果

他社製品のように横桟木による施工では、結露が発生しやすく、下地の腐食が心配です。(左図)

マックス瓦は縦桟木による施工なので、外気が流通でき、結露が起こりません。(右図)





■ 毛細管現象防止

マックス瓦の特殊構造は、独自の形状により伝い上がってくる雨を阻止し、毛細管現象が原因となる雨漏りからも大切な家屋を守ります。






■ スライド工法

マックス瓦のスライド工法は、本体同士の重なる部分をスライドさせることによって、等間隔に美しく葺きあげます。
施工の自由度が高いため、あらゆる形状の屋根に施工することができます。
工事中の住み替えも不要なので、お客様に余計なご負担をかけません。





■ 耐震性

マックス瓦の住まいへかかる重量は、1坪あたり約25㎏。日本瓦(約150kg)の1/6 、彩色平面スレート板(約60kg)の1/2以下の軽さで、大切な住まいへの負担を大幅に軽減します。
屋根を軽くすることで、地震に対しても強い効果を発揮します。

※マックススター?レクトルーフは、1坪あたり約18㎏






■ 耐風圧性

台風による瓦の飛散は、棟を超えた風が「巻き込み風」に変わり、瓦を引っ張り上げる事が原因です。
耐風圧試験では、-940kgf/m2(実風速120m/秒)相当の圧力を加えても、マックス瓦は破壊されませんでした。





■ 水密性

台風時には雨は上から降らずに、横や下から吹き上げてきます。
台風の横殴りの雨を想定した水密試験では、試験機での風速45m/秒(実風速90m/秒)相当でも雨水の侵入は無く、その水密性の高さが実証されました。









Copyright © 1999 - Max Materials Inc. All rights reserved.


免费做爱视频|狗狗国外网站大全/年轻人片在线观看/色偷偷女人的天堂a/大黑鸡巴